スポンサーリンク

一問一答

問1

溶解したうちほぼ全てが電離する、つまり電離度α≒1の酸・塩基のことをそれぞれ【1】酸・【1】塩基という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】強

酸・塩基の強さについて詳しくは「【酸・塩基の強さ】強酸・弱酸・強塩基・弱塩基の違いを解説!」を確認しよう。
電離度について詳しくは「電離度とは?公式から酸・塩基の強弱との関係まで解説!」を確認しよう。

問2

溶解したうちの一部しか電離しない、つまり電離度が1に比べて極めて小さい酸・塩基のことをそれぞれ【1】酸・【1】塩基という。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】弱

酸・塩基の強さについて詳しくは「【酸・塩基の強さ】強酸・弱酸・強塩基・弱塩基の違いを解説!」を確認しよう。
電離度について詳しくは「電離度とは?公式から酸・塩基の強弱との関係まで解説!」を確認しよう。

問3

強酸や強塩基はほぼ完全に電離してイオンに変化するため、反応式では(右向きの反応しか起こらないという意味の)【1】で表される。対して弱酸や弱塩基は電離度が小さく、イオンになりにくい、イオンになってもそのイオンが再びくっつきやすいので、イオン同士がくっつく反応(=電離と逆の反応)も進行するため、反応式では【2】で表される。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】→【2】⇆

酸・塩基の強さについて詳しくは「【酸・塩基の強さ】強酸・弱酸・強塩基・弱塩基の違いを解説!」を確認しよう。
電離度について詳しくは「電離度とは?公式から酸・塩基の強弱との関係まで解説!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER