【プロ講師解説】このページでは『元素と単体の違い』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

はじめに

このページを読むと『元素と単体の違い』に関する以下の項目について学ぶことができます。

  • 元素と単体それぞれの定義について
  • 元素と単体の違い・見分け方について
  • 元素と単体に関する問題演習

元素とは

元素とは、物質をつくる基本的な成分です。

具体例としては、H(水素)やC(炭素)、O(酸素)などが挙げられます。元素記号そのままであることに注目しましょう。

単体の「H2(水素)」という物質を構成する成分である「H(水素)」、単体の「O2(酸素)」という物質を構成する成分である「O(酸素)」、単体の「C(黒鉛やダイヤモンド)」という物質を構成する成分である「C(炭素)」というイメージです。

単体とは

単体とは、(純物質のうち)1種類の元素からなる物質です。

具体例としては、O2,H2,N2,Feなどが挙げられます。

一方、純物質のうち、2種類以上の元素からなる物質は化合物と呼ばれます。
化合物の例としては、H2O,NH3 ,NaClなどが挙げられます。

※単体と化合物に関して詳しくは単体と化合物(定義・違い・見分け方・一覧など)を参照

単体と元素の違い・見分け方

元素 触れることができない
単体 触れることができる
Point!

元素は物質の構成成分、単体は一種類の元素からなる物質を指します。したがって、単体は実在する物質そのものなので触れることができ、元素はあくまで構成成分なので直接触れることができません。「元素か単体か」を問われたときは「実際に触れることができるのか」を基準に考えましょう。

元素と単体の違いに関する問題演習

ここからは元素と単体の違いに関する例題を解いていきましょう。

下線部が「元素」か「単体」かを見分けなさい。

問1

地殻中には酸素が多く含まれている。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:元素

この文中で実際に触れることができるのは地殻である。
酸素は地殻の構成成分で触れることはできないので元素である。

問2

その患者は酸素吸入を受けながら搬送された。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:単体

ここでは実際に存在する気体の酸素O2を吸入している。
触れることができるので空気中の酸素と同じであり、したがって単体である。

問3

アンモニアは、窒素と水素から合成されている。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:単体

アンモニアは以下の反応式のように気体の水素H2と気体のN2から合成される。

3H2+N2→2NH3

気体の水素は触れることができるので、単体である。

問4

カルシウムは骨や歯に多く含まれている。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:元素

カルシウムは、骨や歯にリン酸カルシウムCa3(PO42として含まれている。
カルシウム自体は、リン酸カルシウムの構成成分の1つであり、直接触れることができない。したがって単体ではなく元素である。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細