はじめに

定期テストや入試で頻出の電子配置。感覚で解いて間違えてしまう人が多い分野なので、電子殻の名前から電子を殻に入れていく際のルール・順番等について1つ1つ丁寧に押さえていこう!


スポンサーリンク

電子殻とは

「原子の構造!陽子・中性子・電子・原子核・質量数・原子番号の数と関係」で説明した通り、原子の中心には原子核があり、その周りを電子がグルグル回っている。

この時、電子の回る道(黒い円)のことを電子殻という。
電子殻は層になっており、内側から順にK殻、L殻、M殻、N殻という名前がついている。

それぞれの電子殻に入れることのできる電子の数は決まっており、K殻は2個、L殻は8個、M殻は18個、N殻は32個である。これを一般式で表すと2n2個となる。(nにはK殻なら1、L殻なら2…を入れる)
※テストで毎回一般式から考えていると時間がないので2個8個18個32個という数字はできるだけ暗記しておこう!


スポンサーリンク

電子配置とは

電子が電子殻に入るとき、その入り方にはある規則性(ルール)がある。それを電子配置という。

基本的なルールは次の2つ。

いくつか例を挙げてこれらのルールについて確認していこう。

例1)炭素(原子番号6)の電子配置

炭素の原子番号は6。従って、持っている電子の数は6個である。

STEP1

RULE1より、まずは最も内側のK殻に電子が入る。

K殻に入れることができる電子は2個までなので2個入れたところでストップ。

STEP2

次に、1つ外側のL殻に4個の電子が入る。

これで炭素の持つ6個の電子が全て収まったので完成。

例2)カルシウム(原子番号20)の電子配置

カルシウムの原子番号は20。従って20個の電子を持っている。

STEP1

炭素同様、まずは内側のK殻に2個の電子が入る。

STEP2

L殻に8個の電子が入る。

L殻は8個までしか電子を入れることができないのでここでストップ。

STEP3

M殻に8個の電子が入る。

ここが重要なポイント。M殻は18個まで電子を入れることができるけど、RULE2より最外殻電子(=最も外側の電子殻に存在する電子)は8個を超えてはいけないので次の殻にいく。

STEP4

N殻に2個の電子が入る。

これでカルシウムの持つ20個の電子を全て使い切ったので終了。

スポンサーリンク

例3)チタン(原子番号22)の電子配置

チタンの原子番号は22。従って、持っている電子の数は22個。

STEP1

K殻に2個の電子が入る。

STEP2

L殻に8個の電子が入る。

STEP3

M殻に8個の電子が入る。

最外殻電子が8個を超えてはいけないのでここで一旦ストップ。

STEP4

N殻に2個の電子が入る。

あれ?残りの4個全部入れればいいんじゃないの?と思った人。ここは2個でOK。残りの2個がどこにいくのかは次のSTEP5を見てみよう。

STEP5

M殻に2個の電子が入る。

最外殻がN殻になったからM殻にはもう8個以上の電子を入れてよくなったわけだね。


スポンサーリンク

関連:希ガスの電子配置

希ガスの電子配置は閉殻又はオクテットの状態であり、非常に安定である。詳しくは「希ガスの電子配置が安定な理由」や以下の動画を参照。

関連:最外殻電子

今回登場した最外殻電子について詳しいことは「最外殻電子と価電子〜それぞれの定義から2つの違いまで〜」又は次の動画を参照。


スポンサーリンク

関連:一覧表を、お気に入りに。

化学のグルメでは、電子配置の一覧表を用意しています。「一覧表」系のページをブックマークしておくと、問題集を解いているときなどにぱっと情報を得られて非常に便利。まとめてお気に入り登録しておこう。

  • 電子配置一覧表
  • イオン式一覧
  • 元素記号・原子番号一覧
  • 【保存板】高校化学で頻出の分子・化合物一覧
  • 代表的な原子の質量一覧
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!

  • スポンサーリンク

    関連:動画で学ぼう。

    化学のグルメのYoutubeチャンネルでは「ショートアニメーション」を使った解説を行っています。1〜2分程度の最高にコンパクトな動画で高校化学の各項目を素早く復習することができます。是非ご参照あれ!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER