【プロ講師解説】このページでは『元素の定義や原子との関係、重要な元素記号一覧』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

元素とは(原子との関係)

どんな物質も原子と呼ばれる小さなツブが集まってできている。原子は種類が多いため「化学的性質が同じ原子」をまとめて扱うことがある。これを元素といい、元素を表す記号を元素記号という。元素の組み合わせで物質が決まる。たとえば、水素Hが2つと酸素Oが1つの組み合わせでできているのが水、炭素Cが1つ、酸素Oが2つの組み合わせでできているのが二酸化炭素である。このように、元素記号は化学を学ぶ上でとても重要な記号になる。次に紹介する元素記号を必ず頭に入れておくようにしよう。

重要な元素記号一覧

化学基礎では原子番号1〜20までを頭に入れておくようにしよう。

周期表について詳しくは周期表とは?語呂合わせを使った覚え方から族や周期の見方まで!を参照。

まとめ

最後に、この『元素とは?原子との関係や重要な元素記号一覧などを紹介!』のページで解説した内容をまとめておきます。

  • 化学的性質が同じ原子をまとめて元素という
  • 元素を表す記号を元素記号という
  • 元素の組み合わせで物質が決定する
  • 重要な元素記号はまずは原子番号20までを覚えておくべし

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!