【プロ講師解説】このページでは『気体の拡散・混合』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

熱とは

どんな粒子も温度に応じた運動をしていて、これを熱運動という。温度が高くなると熱運動のエネルギーが大きくなり、熱運動が激しくなる。

粒子の熱運動は、煙の広がりを考えると理解しやすい。煙が部屋のある一箇所で発生すると、時間とともに部屋中に広がっていく。これは、粒子が熱運動で広がっていくためであり、この現象を拡散という。

水素と二酸化炭素を別々の集気ビンに入れ、ガラス板を挟んで口を重ねた結果、ガラス板を取り除くと次のようになる。

混合時に反応しないとすれば、両者の物質量nを足し合わせて、混合気体の物質量とすることができる。

\[
n_{1}+n_{2}=n・・・①
\]

気体の状態方程式PV=nRTより、①式は次のように変形することができる。

\[
n_{1}+n_{2}=n\\
\frac{ P_{1}V_{1} }{ RT_{1} }+\frac{ P_{2}V_{2} }{ RT_{2} }=\frac{ PV }{ RT }\\
\Leftrightarrow \frac{ P_{1}V_{1} }{ T_{1} }+\frac{ P_{2}V_{2} }{ T_{2} }=\frac{ PV }{ T }・・・②
\]

nのように、PV/Tの和を取ることもできる。さらに一定な量があると、②式は次のように変形できる。

コックでつないだ次の容器の場合は、気体の拡散によって最終的に左右の圧力が等しくなる。また、気体の体積は容積に一致する。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!