はじめに

今回は、気体の密度と分子量の関係について説明していく。
入試でも頻繁に使う考え方なので是非理解しておこう!!


スポンサーリンク

気体の密度と分子量の関係

気体の密度は次のような単位で表されることが多い。

\[
\mathtt{ 2.0(g/L) }
\]

これに、標準状態の気体の体積22.4(L/mol)(これは覚えておく数字:詳しくは物質量「mol」を参照)を掛けると…

\[
\mathtt{ 2.0(g/\cancel{L}) × 22.4(\cancel{L}/mol) = 44.8(g/mol) }
\]

LとLが約分されて分子量(g/mol)が出てきたね。これが、気体の密度と分子量の関係だ。

注意

もし、気体の密度が(g/cm3)や(g/m3)になっていた場合は「1m3=1×106cm3=1×103L」の関係を使ってケタを合わせてね!

スポンサーリンク

関連:分子量や気体の体積について。

分子量や標準状態の気体の体積である「22.4」について、基本的なところは以下のページを参考にしよう。

  • 物質量「mol」
  • 高校化学mol計算完全マスター講座!!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER