はじめに

今回は、気体の密度と分子量の関係について説明していく。
入試でも頻繁に使う考え方なので是非理解しておこう!!


スポンサーリンク

気体の密度と分子量の関係

気体の密度は次のような単位で表されることが多い。

\[
2.0(g/L)
\]

これに、標準状態の気体の体積22.4(L/mol)(これは覚えておく数字:詳しくは物質量「mol」を参照)を掛けると…

\[
2.0(g/\cancel{L}) × 22.4(\cancel{L}/mol) = 44.8(g/mol)
\]

LとLが約分されて分子量(g/mol)が出てきたね。これが、気体の密度と分子量の関係だ。

注意

もし、気体の密度が(g/cm3)や(g/m3)になっていた場合は「1m3=1×106cm3=1×103L」の関係を使ってケタを合わせてね!

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク