はじめに

「塩の液性の見分け方を伝授!2STEPで楽々攻略!」でやったように、強酸と弱塩基からできた塩を水に溶かした場合その水溶液の液性は酸性に、弱酸と強塩基からできた塩を水に溶かした場合水溶液の液性は塩基性になる。「塩の液性の見分け方を伝授!2STEPで楽々攻略!」のところでは「強いほうが勝つと覚えよう!」という説明をしたが、実際はもう少し複雑な理由によって液性が決定している。このページでは、その原理について1から丁寧に解説していく。ぜひこの機会に塩の液性をマスターしてライバルと差をつけよう!


スポンサーリンク

塩の加水分解とは

「塩の液性」でやったように、強酸と弱塩基からできた塩を水に溶かした場合その水溶液の液性は酸性に、弱酸と強塩基からできた塩を水に溶かした場合水溶液の液性は塩基性になる。これは「塩の加水分解(水H2との反応)」が原因である。

ここでは、強酸と弱塩基の塩として塩化アンモニウムNH4Cl、弱酸と強塩基の塩として酢酸ナトリウムCH3COONaを使って説明していこう。

塩化アンモニウムNH4Clの加水分解

NH4Clの加水分解は以下の反応式で表すことができる。

\[
NH_{4}Cl + H_{2}O ⇄ NH_{4}OH + HCl
\]

NH4Cl(塩)とHCl(強酸)は電離度が大きいため(ほぼ)完全に電離するが、H2OとNH4OH(弱塩基)は電離度が小さく(ほぼ)電離しない。従って、次のように考えることができる。

\[
NH_{4}^{+} + \cancel{Cl^{-}} + H_{2}O ⇄ NH_{3} + \underbrace{ H_{2}O + H^{+} }
_{ H_{3}O^{+} } + \cancel{Cl^{-}} \\
↔︎ NH_{4}^{+} + H_{2}O ⇄ NH_{3} + \underbrace{ H_{3}O^{+} }
_{ \text{ 酸性 } }
\]

Clは両辺に存在するので消すことができる。また、H2OとH+が組み合わさってできるH3O+は酸性を示すため結果的に水溶液の液性は酸性となる。


スポンサーリンク

酢酸ナトリウムCH3COONaの加水分解

CH3COONaの加水分解は以下の反応式で表すことができる。

\[
CH_{3}COONa + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + NaOH
\]

CH3COONa(塩)とNaOH(強塩基)は電離度が大きいため(ほぼ)完全に電離するが、H2OとCH3COOH(弱酸)は電離度が小さく(ほぼ)電離しない。従って、次のように考えることができる。

\[
CH_{3}COO^{-} + \cancel{Na^{+}} + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + \cancel{Na^{+}} + OH^{-} \\
↔︎ CH_{3}COO^{-} + H_{2}O ⇄ CH_{3}COOH + \underbrace{ OH^{-} }
_{ \text{ 塩基性 } }
\]

Na+は両辺に存在するので消すことができる。また、OHが存在するため結果的に水溶液の液性は塩基性となる。


スポンサーリンク

関連:暗記も忘れずに。

真の理由も大切だけど、それを知った上で、入試のときにパッと答えられるよう暗記をしておくこともまた大切。

  • 塩の液性の見分け方を伝授!2STEPで楽々攻略!
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER