【プロ講師解説】このページでは『アボガドロの法則』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

アボガドロの法則とは

アボガドロの法則とは「同一圧力・同一温度下では、全ての気体は同一体積に同じ数の分子が含まれる」という法則である。

ちなみに、具体的には標準状態(温度:0℃、圧力:1atm)で22.4L中に1molの気体分子が含まれることが知られている。

この数値を使った計算として、mol計算や気体計算などがある。以下に関連しているコンテンツを並べておくので是非確認しておいてほしい。

アボガドロの法則の発見者・発見年

アボガドロ/1811年
Point!

気体反応の法則の発見者はアボガドロ、発見した年は1811年である。

これらは入試に頻出なのでしっかり覚えておこう!(覚えておくだけで点になるよ!)

演習問題

問1

アボガドロの法則とは何か。簡単に述べよ。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:下記参照

アボガドロの法則とは「同一圧力・同一温度下では、全ての気体は同一体積に同じ数の分子が含まれる」という法則である。

問2

アボガドロの法則の発見者、及び発見した年を述べよ。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:アボガドロ/1811年

気体反応の法則の発見者はアボガドロ、発見した年は1811年である。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!