スポンサーリンク

一問一答

問1

一般式Cm(H2O)nで表される有機化合物を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】糖類
問2

それ以上加水分解されない糖を【1】、加水分解により2つの【1】を生じる糖を【2】、多数の【1】が縮合重合した糖を【3】という。
【問2】解答/解説:タップで表示
問3

単糖の1つであるグルコースは【1】とも呼ばれ、菓子や飲料の甘味料として用いられる。フルクトースは【2】とも呼ばれ、果実や蜂蜜などに多く含まれる。ガラクトースは乳製品やガムなどに含まれる。
【問3】解答/解説:タップで表示
問4

グルコースは【1】-グルコースと【2】-グルコースの2種類の立体異性体が存在する。水中ではこれらに加え【3】構造のものも存在し、3つの構造が平衡状態になっている。
【問4】解答/解説:タップで表示
問5

α-グルコースやβ-グルコースは【1】構造をもち、この構造は切れやすく水溶液中で環が開いて鎖状構造となる。
【問5】解答/解説:タップで表示
問6

鎖状構造のグルコースは【1】基を有しているため【2】性をもつ。従って、フェーリング反応や【3】反応を示す。
【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アルデヒド【2】還元【3】銀鏡

フェーリング反応や銀鏡反応について詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問7

フルクトースの結晶は【1】員環の構造をとっている。【2】構造をもつので水溶液中では環が開いて【3】構造となり、また【4】員環の構造にもなる。グルコース同様、水溶液中で3つの構造は平衡状態になっている。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】六【2】ヘミアセタール【3】鎖状【4】五

単糖について詳しくは「これで単糖マスター!グルコース・ガラクトース・フルクトースの分類や構造、性質、二糖や多糖との関係性を徹底解説!!」を確認しよう。

問8

鎖状のフルクトースはグルコース同様【1】性を示す。
【問8】解答/解説:タップで表示
問9

グルコースやガラクトースのように水溶液中でアルデヒド基を生じる単糖を【1】、フルクトースのようにケトン基を生じる単糖を【2】という。
【問9】解答/解説:タップで表示
問10

単糖は酵素の働きで分解され、エタノールと二酸化炭素を生じる。これを【1】という。
【問10】解答/解説:タップで表示


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER