スポンサーリンク

一問一答

問1

塩基・五炭糖(ペントース)・リン酸の縮合体を【1】という。また、塩基・五炭糖(ペントース)の縮合体を【2】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ヌクレオチド【2】ヌクレオシド
問2

五炭糖(ペントース)は【1】(分子式C5H10O5)と【2】(分子式C5H10O4)の二種類存在する。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】リボース【2】デオキシリボース
問3

ヌクレオチドを構成する塩基は、【1】・【2】・【3】・【4】・【5】の5種類である。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アデニン(A)【2】グアニン(G)【3】シトシン(C)【4】チミン(T)【5】ウラシル(U)(順不同)
問4

細胞に存在するDNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)を【1】といい、ヌクレオチドの縮合重合体である。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】核酸
問5

ヌクレオチドを構成する塩基のうち、DNAのみに含まれるのは【1】、RNAのみに含まれるのは【2】である。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】チミン(T)【2】ウラシル(U)
問6

DNAでは、二本のポリヌクレオチド鎖のGとC、AとTがそれぞれ【1】結合することで【2】構造を形成している。従って、DNAにおいてGとC、AとTの含有量はそれぞれ等しくなっており、これをDNAの【3】という。
【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】水素【2】二重らせん【3】相補性
問7

ある生物のDNAの塩基組成を調べたところ、アデニンが30%を占めていた。この生物のDNAを構成する塩基のうち、グアニンの割合は【1】%である。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】20

問題文よりアデニンは30%。
アデニンとチミンは同じだけ存在するはずなのでチミンも30%。
グアニンとシトシンで残り40%。
グアニンとシトシンは同じだけ存在するはずなのでグアニン、シトシンはともに20%。

問8

通常、RNAは【1】本のヌクレオチド鎖で存在し、体内の【2】合成において非常に重要な役割を果たしている。
【問8】解答/解説:タップで表示
解答:【1】1【2】タンパク質


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER