スポンサーリンク

一問一答

問1

酸塩基反応を利用し、濃度が既にわかっている溶液(=標準液)を用いて、濃度不明の溶液(=試料)の濃度を求める操作を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】中和滴定

中和滴定について詳しくは「中和滴定を攻略!流れから計算問題、滴定曲線、指示薬まで完全網羅!」を確認しよう。

問2

中和滴定の流れは次の通りである。【】に適切な器具名を当てはめよ。
<STEP1>
【1】を用いて標準溶液(濃度がわかっている溶液)を調整する。
<STEP2>
STEP1で調整した標準溶液を【2】を用いて量りとり【3】に移動させる。
<STEP3>
濃度未知の溶液を【4】に入れ、標準溶液の入った【3】に濃度未知の溶液を滴下する。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】メスフラスコ【2】ホールピペット【3】三角フラスコ【4】ビュレット

中和滴定の手順について詳しくは「中和滴定を攻略!流れから計算問題、滴定曲線、指示薬まで完全網羅!」を確認しよう。

問3

中和滴定に使用する器具で共洗いをするのは【1】と【2】である。
【問3】解答/解説:タップで表示
問4

中和滴定に用いる指示薬のうち、【1】は約pH8.3〜pH10に変色域をもっており、pHがこの範囲より酸性側だと【2】色、塩基性側だと【3】色になる。【4】は約pH3.1〜pH4.4に変色域をもっており、pHがこの範囲より酸性側だと【5】色、塩基性側だと【6】色になる。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】フェノールフタレイン【2】無【3】赤【4】メチルオレンジ【5】赤【6】黄

中和滴定で用いる指示薬について詳しくは「中和滴定を攻略!流れから計算問題、滴定曲線、指示薬まで完全網羅!」を確認しよう。

問5

酸・塩基の滴下量に対して溶液のpHがどのように変化していくかを表したグラフを【1】という。

【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】滴定曲線

滴定曲線について詳しくは「中和滴定を攻略!流れから計算問題、滴定曲線、指示薬まで完全網羅!」を確認しよう。

問6

以下の滴定曲線のうち、強塩基に弱酸を加えていったときのものはどれか。

(1)

(2)

(3)

(4)

【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】(3)

(1)は強酸に弱塩基を加えた場合、(2)は弱酸に強塩基を加えた場合、(4)は弱塩基に強酸を加えた場合の滴定曲線である。

滴定曲線について詳しくは「中和滴定を攻略!流れから計算問題、滴定曲線、指示薬まで完全網羅!」を確認しよう。

問7

気体(例:アンモニア)など、通常の中和滴定を行いにくい物質を滴定するための特殊な滴定法を【1】という。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】逆滴定

逆滴定について詳しくは「逆滴定とは?行う理由・原理から例題を使った計算問題の解き方まで解説!」を確認しよう。

問8

2価の酸や塩基には、中和点が2コあるということを利用した中和滴定を【1】という。
【問8】解答/解説:タップで表示
解答:【1】二段滴定

二段滴定について詳しくは「二段滴定を攻略!原理から例題を使った計算問題の解き方まで徹底解説!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER