スポンサーリンク

一問一答

問1

金属の陽イオンに分子や陰イオンが配位結合することによってできたイオンを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】錯イオン

錯イオンについて詳しくは「目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!」を確認しよう。

問2

錯イオンを作っている分子やイオンのことを【1】、配位子の数を【2】という。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】配位子【2】配位数

錯イオンについて詳しくは「目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!」を確認しよう。

問3

錯イオン[Ag(NH3)2+の名称は【1】である。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ジアンミン銀(Ⅰ)イオン

錯イオンの命名法について詳しくは「目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!」を確認しよう。

問4

金属イオン 配位数
Ag+ 【1】 【2】
Zn2+ 【3】 【4】
Cu2+ 【5】 【6】
Al3+ 【7】 【8】
Fe2+ 【9】 【10】
Fe3+ 【11】 【12】
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照
金属イオン 配位数
Ag+ 直線
Zn2+ 正四面体
Cu2+ 正方形
Al3+ 正八面体
Fe2+ 正八面体
Fe3+ 正八面体

錯イオンについて詳しくは「目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!」を確認しよう。

問5

水酸化銅(Ⅱ)Cu(OH)2とアンモニアNH3の反応の反応式を書け。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:Cu(OH)2 + 4NH3 → [Cu(NH3)4](OH)2

【STEP1】

まずは、金属イオンを含む化合物Cu(OH)2と配位子NH3を組み合わせよう。

Cu(OH)2に含まれるCu2+だけを配位子NH3と組み合わせて、OHは外によけておく。

【STEP2】

次は、STEP1で作成したイオン反応式の中にある”対となるイオン”を組み合わせて化学反応式を作る。

錯イオンを含む反応式作成について詳しくは「目指せ錯イオンマスター!錯イオンの「色・配位数・形・価数・命名法」まとめ!!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER