スポンサーリンク

一問一答

問1

分子を構成している原子の原子量の和を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】分子量

分子量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問2

水H2Oの分子量は【1】である。(O=16,H=1とする)
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】18

\[
\mathtt{ 1×2 + 16×1 = 18 }
\] 水素の原子量に2を、酸素の原子量に1をかけているのは、水分子中に水素原子は2コ、酸素原子は1コあるから。

分子量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問3

組成式またはイオン式で表される物質を構成している原子の原子量の和を【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】式量

式量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問4

塩化ナトリウムNaClの式量は【1】である。(Na=23,Cl=35.5とする)

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】58.5

\[
\mathtt{ 23.0×1 + 35.5×1 = 58.5 }
\] 式量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。


スポンサーリンク

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク