スポンサーリンク

一問一答

問1

分子を構成している原子の原子量の和を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】分子量

分子量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問2

水H2Oの分子量は【1】である。(O=16,H=1とする)
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】18

\[
\mathtt{ 1×2 + 16×1 = 18 }
\] 水素の原子量に2を、酸素の原子量に1をかけているのは、水分子中に水素原子は2コ、酸素原子は1コあるから。

分子量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問3

組成式またはイオン式で表される物質を構成している原子の原子量の和を【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】式量

式量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問4

塩化ナトリウムNaClの式量は【1】である。(Na=23,Cl=35.5とする)

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】58.5

\[
\mathtt{ 23.0×1 + 35.5×1 = 58.5 }
\] 式量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。


関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細