スポンサーリンク

一問一答

問1

飽和溶液において、沈殿の一部が溶解し平衡状態になることを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】溶解平衡
問2

塩化銀AgClを水に溶解させると、一部のAgClが溶け残った水溶液ができ、溶解平衡の状態に達した。この溶解平衡の平衡定数K(AgCl)は次のように表される。
\[
\mathtt{ K(AgCl) = \frac{[【1】][【2】]}{ [AgCl(固)]}}
\] [AgCl(固)]を一定とみなし新しい定数としてKs(AgCl)を次のように定義する。
\[
\mathtt{ K_{s}(AgCl) =[【1】][【2】]}
\] このKs(AgCl)を(塩化銀の)【3】という。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】Ag+【2】Cl【3】溶解度積
問3

塩化銀AgClの溶解度を求めよ。ただし、AgClの溶解度積は2.0×10-10(mol/L)2とする。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:1.4×10-5(mol/L)

溶けたAgClをx(mol/L)とする。
\[
\mathtt{ K_{s}(AgCl) =[【1】][【2】]}
\] \[
\mathtt{ 2.0×10^{-10} =x・x}
\] \[
\mathtt{ x=1.4×10^{-5}}
\]


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER