スポンサーリンク

一問一答

問1

分子間に働く力の総称を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】分子間力

分子間力について詳しくは分子間力(水素結合・ファンデルワールス力)とは?定義、強さなどを解説!を確認しよう。

問2

電荷の偏りが原因となって生じる引力(反発力)を【1】という。わずかな電荷の偏りは全ての分子において発生するため、この力も基本的に【2】の分子間に存在する。しかし、ファンデルワールス力は非常に【3】い力なので、その他の化学結合と比べてこの結合はそれほど強固ではないという点に注意しよう。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ファンデルワールス力【2】全て【3】弱

ファンデルワールス力について詳しくは分子間力(水素結合・ファンデルワールス力)とは?定義、強さなどを解説!を確認しよう。

問3

ファンデルワールス力は【1】や【2】が大きいほど強い。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】分子量【2】表面積(順不同)

ファンデルワールス力について詳しくは分子間力(水素結合・ファンデルワールス力)とは?定義、強さなどを解説!を確認しよう。

問4

F・O・Nと結合しているHと、別の分子のF・O・Nとの結合を【1】という。

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】水素結合

水素結合について詳しくは分子間力(水素結合・ファンデルワールス力)とは?定義、強さなどを解説!を確認しよう。

問5

通常、同族元素の水素化物の沸点は【1】に比例して大きくなる。しかし、分子間で【2】を作るフッ化水素HF・水H2O・アンモニアNH3などは(【1】が小さい割に)比較的大きな沸点を示す。これは、これらの分子が【2】を作るため分子同士を引き離すために大きなエネルギー(=熱)が必要となるからである。ちなみに、【2】を作る分子の中でもH2Oの沸点が際立って大きくなっているのは、水は1つの分子につき最大【3】コの【2】を形成することができるためである。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】分子量【2】水素結合【3】4

水素結合について詳しくは分子間力(水素結合・ファンデルワールス力)とは?定義、強さなどを解説!を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER