スポンサーリンク

一問一答

問1

ケイ素の単体は天然には存在しないため、【1】(主成分:SiO2)をコークスとともに加熱することにより粗製のケイ素(不純物を含むケイ素)を作り、それを精製することで純度の高いケイ素の単体を得る。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ケイ砂

ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問2

ケイ素の単体は、繰り返し構造をした【1】であり、【2】で表される。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】共有結合結晶【2】組成式

ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問3

ケイ素の単体は、非金属であるが【1】光沢があり、電気伝導性をもつため高純度なものは【2】として用いられる。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】金属【2】半導体

ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問4

二酸化ケイ素SiO2は単体と同様、繰り返し構造をした【1】として存在し、高分子であるため【2】で表される。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】共有結合結晶【2】組成式

二酸化ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問5

二酸化ケイ素SiO2は主に【1】として岩石中に存在している。【1】の中でより大きく透明な結晶を【2】、砂状になったものを【3】という。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】石英【2】水晶【3】ケイ砂

二酸化ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問6

二酸化ケイ素SiO2は【1】性酸化物であり【2】と中和反応する。
【問6】解答/解説:タップで表示
解答:【1】酸【2】塩基

二酸化ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問7

二酸化ケイ素SiO2を高温で加熱し融解させた後、冷やして作られたガラスを【1】という。
【問7】解答/解説:タップで表示
解答:【1】石英ガラス

二酸化ケイ素について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問8

二酸化ケイ素SiO2に炭酸ナトリウムNa2CO3を加えて加熱することで【1】が得られる。
【問8】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ケイ酸ナトリウムNa2SiO3

二酸化ケイ素・ケイ酸ナトリウムについて詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問9

ケイ酸ナトリウムに水を加えて加熱することで加水分解し、粘性をもつ【1】になる。
【問9】解答/解説:タップで表示
解答:【1】水ガラス

ケイ酸ナトリウムについて詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問10

水ガラスの水溶液に塩酸HClを反応させると【1】になる。【1】の沈殿は【2】色のゲル状である。
【問10】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ケイ酸H2SiO3【2】白

ケイ酸について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。

問11

ケイ酸を加熱し脱水したものを【1】という。【1】はケイ酸に比べて空洞が多くなっており、気体を吸着しやすい。従って、【2】や【3】として用いられる。
【問11】解答/解説:タップで表示
解答:【1】シリカゲルSiO2・nH2O【2】乾燥剤【3】吸着剤(【2】・【3】は順不同)

シリカゲル・ケイ酸について詳しくは「ケイ素の単体と化合物の性質・製法」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER