スポンサーリンク

pHが負になるとき

pHが負の値をとることはあるのだろうか。今回はそれを調べていこうと思う。

2[mol/L]のHClを例に考えてみよう。

HClは強酸なので完全に電離する。

\[
HCl → H^{+} + Cl^{-}
\]

反応式の係数より、1molのHClから1molのH+が生成するから、元のHClの濃度はH+の濃度と等しくなるね。
(化学反応式と係数の関係については高校化学「化学反応式の作り方・計算問題」完全マスター講座!!を参照!)

つまり、H+の濃度は「2mol/L」なわけだ。

これを、pHの公式に当てはめると…

\[
\begin{align} pH=&-log_{10}[H^{+}] \\
&=-log_{10}2 \\
&= -0.3 \end{align}
\]

「pHがマイナス」になるね。以上より、pHがマイナスになるときというのは計算上「存在する」ということがわかった。いざテストで出てきても、落ち着いて対処できるようにしておこう。


スポンサーリンク

関連:pH計算を完全マスター。

pHが絡んだ計算は入試超頻出事項の1つ。公式と解法のSTEPをうまく運用できれば誰でも解くことができるようになるので、頑張ってトレーニングを積もう。

  • 高校化学pH計算完全マスター講座!!
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER