【プロ講師解説】このページでは『有機化合物の表記法(分子式・示性式・構造式など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。

※有機化合物は以下の三通りの方法で表すことができ、これらを順番に解説していきます。

  • 分子式
  • 示性式
  • 構造式

  • スポンサーリンク

    分子式

    構成原子の種類と数を表す
    Point!

    分子を構成している原子の種類とその数を表した式を分子式という。

    例えばエタノールでは、炭素原子Cが2つなのでC2、水素原子Hが6コなのでH6、酸素原子Oが1つなのでO(1は省略)、これらを合わせて「C2H6O」となる。

    示性式

    分子式中の官能基を強調
    Point!

    分子式から官能基を抜き出して明示した式を示性式という。

    例えば、エタノールでは次のようになる。

    官能基であるヒドロキシ基-OHを抜き出して強調した形になっているね。

    構造式

    価標で結合を表す
    Point!

    原子間の結合を価標を用いて表した式を構造式という。

    例えば、エタノールでは次のようになる。

    構造式中にある価標は(あるルールの下)省略して表すことができる。
    詳しくは次の「構造式の省略」のところで説明する。

    構造式の省略

    構造式は一部分を省略した「簡略構造式」として表すことがある。

    省略パターンは主に3つ。順番に見ていこう。(例として次の構造式を用いる。)

    パターン①

    水素H原子の単結合を省略する。

    まずは、H原子の単結合を省略しよう。

    パターン②

    H原子の単結合の省略に加えて、不飽和結合(C=C)や枝分かれの価標以外を省略する。

    次に、パターン①に加えて不飽和結合(C=C)や枝分かれの価標以外を省略していく。

    パターン③

    パターン①②に加えて、枝分かれを省略する。

    最後は、パターン①②に加えて枝分かれの価標を省略していく。(つまり、C=C結合以外は省略するということ!)

    枝分かれは、()を使うことで表現する。
    ちなみに、ここまで省略した式からでも全体の構造はしっかりとイメージできるようにしておこう。

    構造式を書く際の注意点

    反対向きの表記でも可

    官能基を書くときは逆向きの表記でも大丈夫。

    アルファベットの表記順に注意

    官能基を省略形で書く時は並べるアルファベットの順番に注意する必要がある。

    例えば、アルデヒド基。

    アルデヒド基はCとOとHで成り立っているが、「COH」という表記は×。省略するときは「CHO」という書き方にしなければならない。

    関連:紙の本に、なりました。

    化学のグルメオンラインストアで販売していた「有機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】有機化学ドリルにて!


    スポンサーリンク