はじめに

酸・塩基の価数についてきちんと理解できている高校生は以外と少ない。このページでは、酸・塩基の価数について例を使って丁寧に解説していく。ぜひこの機会に価数をマスターしてライバルと差をつけよう!


スポンサーリンク

酸・塩基の価数

酸の価数 酸のもつH+の数
塩基の価数 塩基のもつOHの数
Point!

酸がもっているH+の数を酸の価数、塩基がもっているOHの数を塩基の価数という。

価数は酸・塩基の化学式を見れば判断できる場合が多い。

HClは化学式中にHを1コもっているので1価の酸、Ca(OH)2は化学式中に2コのOHをもっているので2価の塩基となる。


スポンサーリンク

価数一覧

高校化学で頻出の酸・塩基の価数を一覧表にまとめてみよう。

酸の価数一覧表

酸一覧
強酸 価数 弱酸
HCl(塩化水素)・HBr(臭化水素)・HI(ヨウ化水素)・HNO3(硝酸) 1価 HF(フッ化水素)CH3COOH(酢酸)
H2SO4(硫酸) 2価 H2CO3(炭酸)・H2S(硫化水素)・H2C2O4(シュウ酸)
3価 H3PO4(リン酸)

塩基の価数一覧表

塩基一覧
強塩基 価数 弱塩基
NaOH(水酸化ナトリウム) 1価 NH3(アンモニア)
Ca(OH)2(水酸化カルシウム) 2価 Cu(OH)2(水酸化銅)・Mg(OH)2(水酸化マグネシウム)・Zn(OH)2(水酸化亜鉛)
3価 Al(OH)3(水酸化アルミニウム)・Fe(OH)3(水酸化鉄)

スポンサーリンク

注意が必要な酸・塩基

酢酸CH3COOH

CH3COOHの中にはH原子が4つあるが、電離してH+になるのは1コのみなので、酢酸は1価の酸である。

\[
CH_{3}COOH ⇄ CH_{3}COO^{-} + H^{+}
\]

二酸化炭素CO2

CO2の価数は見ただけではわかりにくい。CO2は水中でH2CO3となり、H+を2コもつので2価の酸である。

\[
CO_{2} + H_{2}O ⇄ H_{2}CO_{3}
\]

NH3

アンモニアは水中で次のように電離し、OHを1コ生じるため1価の塩基である。

\[
NH_{3} + H_{2}O ⇄ NH_{4}^{+} + OH^{-}
\]

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク