【プロ講師解説】このページでは『酸・塩基の価数(定義や例、見分け方など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

酸・塩基の価数

酸の価数 酸のもつH+の数
塩基の価数 塩基のもつOHの数
Point!

酸がもっているH+の数を酸の価数、塩基がもっているOHの数を塩基の価数という。

価数は酸・塩基の化学式を見れば判断できる場合が多い。

HClは化学式中にHを1コもっているので1価の酸、Ca(OH)2は化学式中に2コのOHをもっているので2価の塩基となる。

価数一覧

高校化学で頻出の酸・塩基の価数を一覧表にまとめてみよう。

酸の価数一覧表

酸一覧
強酸 価数 弱酸
HCl(塩化水素)・HBr(臭化水素)・HI(ヨウ化水素)・HNO3(硝酸) 1価 HF(フッ化水素)CH3COOH(酢酸)
H2SO4(硫酸) 2価 H2CO3(炭酸)・H2S(硫化水素)・H2C2O4(シュウ酸)
3価 H3PO4(リン酸)

塩基の価数一覧表

塩基一覧
強塩基 価数 弱塩基
NaOH(水酸化ナトリウム) 1価 NH3(アンモニア)
Ca(OH)2(水酸化カルシウム) 2価 Cu(OH)2(水酸化銅)・Mg(OH)2(水酸化マグネシウム)・Zn(OH)2(水酸化亜鉛)
3価 Al(OH)3(水酸化アルミニウム)・Fe(OH)3(水酸化鉄)

注意が必要な酸・塩基

酢酸CH3COOH

CH3COOHの中にはH原子が4つあるが、電離してH+になるのは1コのみなので、酢酸は1価の酸である。

\[
CH_{3}COOH ⇄ CH_{3}COO^{-} + H^{+}
\]

二酸化炭素CO2

CO2の価数は見ただけではわかりにくい。CO2は水中でH2CO3となり、H+を2コもつので2価の酸である。

\[
CO_{2} + H_{2}O ⇄ H_{2}CO_{3}
\]

NH3

アンモニアは水中で次のように電離し、OHを1コ生じるため1価の塩基である。

\[
NH_{3} + H_{2}O ⇄ NH_{4}^{+} + OH^{-}
\]

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細