はじめに

プロパンとエタノールはほぼ同じ分子量なのにも関わらず、沸点が大きく異なる。
今回はその違いが生じる理由について解説していこう。


スポンサーリンク

プロパンとエタノールの沸点の違いについて

プロパンとエタノールの構造は以下のようになっている。

2つの構造の中で、最も大きな違いは「ヒドロキシ基(-OH)の有無」である。

エタノールはヒドロキシ基を1つ持っているがプロパンは持っていないね。

エタノールはヒドロキシ基を持っているため、以下のように分子間で水素結合(F/O/Nに結合しているHとF/O/Nとの間の結合:詳しくは分子間力を参照)を形成する。

従って、エタノールはプロパンに比べて結合が強固であり、それ故(結合が切れにくいため)沸点が高くなっている。


スポンサーリンク

関連:ファンデルワールス力と水素結合って一緒?

代表的な分子間力であるファンデルワールス力と水素結合の違いについて探っていこう。

  • 分子間力(水素結合・ファンデルワールス力)とは?定義、強さなどを解説!
  • (これもオススメ!)【大学受験】理論化学のオススメ勉強法・参考書・問題集を大公開!
  • 化学のグルメ「【Youtube】ショートアニメーション講義」

  • スポンサーリンク

    関連:問題集、作りました。

    化学のグルメオリジナル問題集「理論化学ドリルシリーズ」の販売を開始しました!

    モル計算や濃度計算、気体計算など多くの人が苦手とする分野の計算解法が詰まった問題集になっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


    スポンサーリンク

     

    MAIN


    SNS


    OTHER