はじめに

混合物の分離法の1つである抽出。
ろ過蒸留・分留再結晶昇華法クロマトグラフィーなど一緒にしっかり頭に入れておこう!


スポンサーリンク

抽出とは

抽出とは、混合物のうち目的の物質のみを液体に溶かし出して分離する操作である。

例としてはコーヒーの抽出などが挙げられる。

我々が飲むいわゆる「コーヒー」は、コーヒー豆に含まれる成分のうち、熱水に溶け出す味・香りを抽出したものである。ちなみに、コーヒーの抽出では抽出した後のコーヒー豆がフィルターの上に残るので、ろ過も同時に行なっていると考えることができる。

抽出溶媒の選択

抽出に用いる溶媒は、分離した物質をよく溶かしそれ以外の物質はできる限り溶かさないものを選択する。

例えば、臭素は水よりもベンゼンに溶けやすい。そこで“臭素水”にベンゼンを加えてよく振ると臭素はベンゼン層に移動し分離することができる。

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


スポンサーリンク