【プロ講師解説】このページでは『硝酸の工業的製法「オストワルト法」の仕組みや反応式について完全解説!!で紹介した第三式「3NO2 + H2O → 2HNO3 + NO」で一酸化窒素が発生する理由』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

オストワルト法の第三式で一酸化窒素NOが発生する理由

オキソ酸というのは「酸素O原子を含む酸」のことである。
本来、物質(今回はNO2)を水に溶かすと、その物質と同じ酸化数のオキソ酸になろうとする。(できるだけ変化したくないから)
しかし、NO2のNと同じ酸化数(+4)のオキソ酸は存在しない。
従って、酸化数が「+5」と「+3」(平均して+4だね)のオキソ酸が同量生成する。

\[
2NO_{2} + H_{2}O → HNO_{3} + HNO_{2}・・・①
\]

この時、亜硝酸HNO2はちょっと温度を上げるだけですぐに分解する。(不安定だから)

\[
3HNO_{2} → HNO_{3} + 2NO + H_{2}O・・・②
\]

②式を(係数は調節して)①式に代入すると、オストワルト法の第三式が得られる。

\[
3NO_{2} + H_{2}O → 2HNO_{3} + NO
\]

関連:無機のドリルが、できました。

無機化学の問題演習を行うための"ドリル"ができました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】無機化学ドリルにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細