スポンサーリンク

一問一答

問1

物質にはそれぞれ100gの水に溶けることのできる限界の量(=固体の溶け残りが発生しないギリギリの量)が決まっており、その量のことを【1】という。また、溶解度まで溶質を溶かした溶液のことを【2】溶液という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】溶解度【2】飽和

固体の溶解度について詳しくは「固体の溶解度を攻略!定義から計算問題、溶解度曲線を絡めた問題の解き方まで!!」を確認しよう。

問2

固体の溶解度は【1】に依存して変化する。【1】による溶解度の変化をグラフで表したものを【2】という。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】温度【2】溶解度曲線

固体の溶解度について詳しくは「固体の溶解度を攻略!定義から計算問題、溶解度曲線を絡めた問題の解き方まで!!」を確認しよう。

問3

物質が溶解している水溶液の条件(主に温度)に変化を加え、目的の物質を固体として析出する方法を【1】という。


関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細