スポンサーリンク

一問一答

問1

鉄の工業的製法では、まず溶鉱炉に【1】(主成分:Fe2O3)・コークスC・石灰石CaCO3を入れ、熱風を吹き込む。コークスは、熱風によって酸化されCOやCO2となり、これらによって【1】は還元され【4】となる。次に、転炉で、融解した銑鉄に酸素O2を吹き込み、不純物をほとんど含まない鉄である【5】を得る。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】鉄鉱石【2】CO【3】CO2【4】銑鉄【5】鋼

鉄の製法について詳しくは「【高校生必見!】鉄の工業的製法について完全解説!〜流れから銑鉄・スラグ・鋼などの説明まで〜」を確認しよう。

問2

銑鉄は【1】を多く含み(>2%)、硬くて【2】いという性質がある。対して、鋼は【1】をほとんど含んでおらず(0.02% 〜2%)、粘り気があって硬いという性質をもつ。
【問2】解答/解説:タップで表示
問3

不純物として鉄鉱石に含まれていたSiO2やAl2O3が石灰石の熱分解で生じたCaOと反応して、CaSiO3やCa(AlO2)2に変化したものを【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示


関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細