スポンサーリンク

一問一答

問1

平衡状態にある可逆反応の条件を変化させるとその変化を和らげる方向に平衡が移動する。これを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ルシャトリエの原理

ルシャトリエの原理について詳しくは「ルシャトリエの原理」を確認しよう。

問2

下の可逆反応はすべて、平衡状態にある。()内の操作を行ったとき、平衡はどちらに移動するか判断しなさい。(「右」「左」「どちらにも移動しない」のいずれかで解答)

(1)H2+I2=2HI+92kJ(I2を加える)
(2)N2+3H2=2NH3+92kJ(温度を下げる)
(3)4NH3+5O2=4NO+6H2O+906kJ(加圧する)
(4)N2+O2=2NO+181kJ(NOを加える)
(5)2SO2+O2=2SO3+197kJ(体積一定でArを加える)

【問2】解答/解説:タップで表示
解答:(1)右(2)右(3)左(4)左(5)どちらにも移動しない

(1)
H2+I2=2HI+92kJ

I2を加えると、ルシャトリエの原理により「I2を減らす方向」に平衡が移動する。従って右(→)。

(2)
N2+3H2=2NH3+92kJ

温度を下げると、ルシャトリエの原理により「温度を上げる方向」に平衡が移動する。この反応は発熱反応なので、右に行くほど熱が出る(=温度が上がる)。従って右(→)。

(3)
4NH3+5O2=4NO+6H2O+906kJ

加圧する(圧力を加える)と、ルシャトリエの原理により「圧力を減らす方向」に平衡が移動する。この反応の左側は気体分子が9コ、右側は10コなので、左側の方が圧力が低い。従って、左(←)

(4)
N2+O2=2NO+181kJ

NOを加えると、ルシャトリエの原理により「NOを減らす方向」に平衡が移動する。従って、左(←)。

(5)
2SO2+O2=2SO3+197kJ

体積一定でAr(アルゴン/希ガスの1つ)を加えても、(希ガスは基本的にムシするので)平衡は移動しない。

ルシャトリエの原理について詳しくは「ルシャトリエの原理」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER