スポンサーリンク

一問一答

問1

12Cの質量を12と定めて、これを基準に他の原子の質量を相対的に比べたものを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】相対質量

相対質量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問2

水素(1H)の質量は炭素の$\frac{ 1 }{ 12 }$である。この時、1Hの相対質量を求めなさい。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】1

\[
\mathtt{ 12 × \frac{ 1 }{ 12 } = 1 }
\] 相対質量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問3

各同位体の相対質量にそれぞれの存在比をかけて足した値を【1】という。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】原子量

原子量について詳しくは【決定版】相対質量・原子量・分子量・式量の定義、求め方、計算問題を確認しよう。

問4

炭素原子の2つの同位体12C(相対質量=12.0),13C(相対質量=13.0)の存在比が、 それぞれ98.9%、1.1%であるとき、炭素の原子量は【1】である。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】(約)12.0

\[
\mathtt{ \underbrace{12.0 × \frac{ 98.9 }{ 100 } }
_{ ^{ 12 }\text{ C }} +
\underbrace{13.0 × \frac{ 1.1 }{ 100 } }
_{ ^{ 13 }\text{ C }} = 12.011}
\] 次のように工夫して計算するとミスをしにくい。
\[
\mathtt{ 12.0 × \frac{ 98.9 }{ 100 } + 13.0 × \frac{ 1.1 }{ 100 } \\
= 12.0 × \frac{ 98.9 }{ 100 } + (12.0+1.00) × \frac{ 1.1 }{ 100 } \\
= 12.0 × \frac{ 98.9 }{ 100 } + 12.0 × \frac{ 1.1 }{ 100 } + 1.00 × \frac{ 1.1 }{ 100 }\\
= 12.0 × (\frac{ 98.9 }{ 100 } + \frac{ 1.1 }{ 100 }) + 1.00 × \frac{ 1.1 }{ 100 }\\
= 12.0 × 1 + 1.00 × \frac{ 1.1 }{ 100 }\\
= 12.0 + 0.011\\
= 12.011}
\]

問5

塩素原子の原子量が35.5のとき、塩素原子の2つの同位体35Cl(相対質量=35.0),37Cl(相対質量=37.0)の存在比はそれぞれ【1】、【2】である。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】75%【2】25%

35Clの存在比(%)をxとおけば、全部で100(%)だから37Clの存在比は100-x(%)と考えられるので…
\[
\mathtt{ \underbrace{35.0 × \frac{ x }{ 100 } }
_{ ^{ 35 }\text{ Cl }} +
\underbrace{37.0 × \frac{ 100-x }{ 100 } }
_{ ^{ 37 }\text{ Cl }} = 35.5}
\] この式をxについて解くと、x=0.75となるので…
\[
\mathtt{ ^{35}Cl = 75(\%) \\
^{37}Cl = 25(\%)}
\]


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER