【プロ講師解説】このページでは『縮合重合・開環重合(ポリエステル・ポリアミド・ナイロンなど)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

縮合重合とは

単量体の間で小さな分子(H2Oなど)が取れて繋がっていく反応を縮合重合という。

縮合重合のうち、エステル結合で単量体を繋いでできた合成繊維をポリエステル、アミド結合で単量体を繋いでできた合成繊維をポリアミド(ナイロン)という。

ポリエステル

ポリエチレンテレフタラート(PET)は親水基が縮合に使われて親水性が残っておらず、吸湿性をもたない。したがって、速乾性(早く乾く性質)をもつ。またシワにもなりにくい。さらに、構造にベンゼン環が含まれているので、強度が高くペットボトルや合成繊維に利用されている。

ポリアミド(ナイロン)

ヘキサメチレンジアミンとアジピン酸の縮合重合によって得られる合成繊維をナイロン66という。ナイロン66はアメリカのカローザスにより世界で初めて合成された。

また、1941年には日本でナイロン6が発明された。

ε-カプロラクタムという環状アミドを単量体とし、開環した後にそれを繋いで合成する。このような方法を開環重合という。

ナイロンは、分子間に多数の水素結合を形成するため、強度の高い合成繊維である。したがって、雨風を避けるためのウィンドブレーカーなどとして用いられる。

PLUS+

芳香族のポリアミド系合成繊維をアラミド繊維という。ナイロンと比較して強度に優れており、防弾チョッキなどに利用されている。

関連:有機化学、まとめました。

数多くの要望にお応えし、化学のグルメオリジナル「有機化学攻略セット」を作成しました!

CHEM ZINE(有機化学 ver.)+有機化学ドリルの組み合わせで大学入試や定期テストで頻出の有機化学暗記事項を一通りマスターできるセットとなっています。詳細は【公式】有機化学攻略セットにて!


スポンサーリンク