【プロ講師解説】このページでは『濃度(質量パーセント濃度・モル濃度・質量モル濃度)計算の公式・解き方』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

溶質・溶媒・溶液

まずは、濃度を学ぶ基礎となる「溶質」・「溶媒」・「溶液」の違いを押さえよう。

物質が溶けて均一な溶液になることを溶解という。溶質は「溶けている物質」、溶媒は「溶質を溶かしている液体」、溶液は「溶媒と溶質を合わせたもの」を指す。上の図でいうと、黄色いマルが溶質、青いところが溶媒、黄色いマルと青いところを合わせて溶液という感じ。ちなみに食塩水の場合、食塩が溶質、水が溶媒、食塩水全体が溶液となる。

3種の濃度

高校化学で覚えるべき濃度は3種類。1つ1つ順番に見ていこう。

モル濃度

モル濃度とは、溶液1[L]に含まれる溶質のmolである。単位は(mol/L)

\[
\mathtt{ モル濃度(mol/L) = \frac{ 溶質(mol) }{ 溶液(L) } }
\]

質量モル濃度

質量モル濃度とは、溶媒1kgに含まれる溶質のmolである。単位は(mol/kg)

\[
\mathtt{ 質量モル濃度(mol/kg) = \frac{ 溶質(mol) }{ 溶媒(kg) } }
\]

質量パーセント濃度

質量パーセント濃度とは、「溶液に含まれる溶質の割合を%で表したもの」である。

\[
\mathtt{ 質量パーセント濃度(\%) = \frac{ 溶質(g) }{ 溶液(g) } \times 100 }
\]

演習問題

問1

1.0[mol]の水酸化ナトリウム(NaOH)を水に溶かして全体で2.0[L]にしたときのモル濃度[mol/L]を求めよ。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:0.5[mol/L]

問2

2.0[mol]の水酸化ナトリウム(NaOH)を4.0[kg]の水に溶かしたときの質量モル濃度を求めよ。
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:0.5[mol/kg]

問3

8.0[g]の水酸化ナトリウムを水に溶かして40[g]にしたときの質量パーセント濃度を求めよ。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:20[%]

\[
\begin{align} 質量パーセント濃度 &=\frac{ 溶質(g) }{ 溶液(g) } × 100\\
&=\frac{ 8.0(g) }{ 40(g) } × 100\\
&=20(\%) \end{align}
\]

問4

365[g]の塩化水素(HCl)を200[g]の水に溶かしたときの質量モル濃度を求めよ。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:50[mol/kg]

関連:計算ドリル、作りました。

化学のグルメオリジナル計算問題集「理論化学ドリルシリーズ」を作成しました!

モル計算や濃度計算、反応速度計算など入試頻出の計算問題を一通りマスターできるシリーズとなっています。詳細は【公式】理論化学ドリルシリーズにて!


著者プロフィール

・化学のグルメ運営代表
・高校化学講師
・薬剤師
・デザイナー/イラストレーター

数百名の個別指導経験あり(過去生徒合格実績:東京大・京都大・東工大・東北大・筑波大・千葉大・早稲田大・慶應義塾大・東京理科大・上智大・明治大など)
2014年よりwebメディア『化学のグルメ』を運営
公式オンラインストアで販売中の理論化学ドリルシリーズ・有機化学ドリル等を執筆

著者紹介詳細