スポンサーリンク

一問一答

問1

アルデヒド基(-CHO)を持つ化合物を【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】アルデヒド

アルデヒドについて詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問2

示性式 慣用名
H-CHO 【1】
CH3-CHO 【2】
CH3-CH2-CHO 【3】
【問2】解答/解説:タップで表示
解答:以下参照
示性式 慣用名
H-CHO ホルムアルデヒド
CH3-CHO アセトアルデヒド
CH3-CH2-CHO プロピオンアルデヒド

アルデヒドについて詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問3

アルデヒドは第【1】級アルコールの酸化により得ることができる。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】1

アルデヒドの製法について詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問4

ホルムアルデヒドは水に溶けると【1】となる。
【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ホルマリン

アルデヒドについて詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問5

アルデヒドはフェーリング液(Cu2+を含む)を還元し、酸化銅(Ⅰ)Cu2Oの赤色沈殿が生成する。この反応を【1】という。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】フェーリング反応

フェーリング反応について詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問6

アルデヒドはアンモニア性硝酸銀水溶液([Ag(NH3)2+を含む)を還元し単体の銀Agが析出する。この反応を【1】という。
【問6】解答/解説:タップで表示
問7

ケトン基(R-CO-R‘)を持つ化合物を【1】という。
【問7】解答/解説:タップで表示
問8

ケトンは第【1】級アルコールの酸化により得ることができる。
【問8】解答/解説:タップで表示
問9

アルケンを酸化すると【1】分子のケトンが生成する。
【問9】解答/解説:タップで表示
問10

クメン法はフェノールの製法として知られているが、フェノールと同時にケトンの一種である【1】が生成する。
【問10】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ジメチルケトン(=アセトン)

ケトンの製法について詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問11

アセトンの実験室的製法として【1】の乾留がある。
【問11】解答/解説:タップで表示
解答:【1】酢酸カルシウム

ケトンの製法について詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。

問12

ケトンは【1】性がなく、フェーリング反応や銀鏡反応を示さない。
【問12】解答/解説:タップで表示
問13

上のような構造を持つアルコールやケトンにヨウ素I2と水酸化ナトリウムNaOH水溶液を加えて温めると特有の臭いをもつ【1】という黄色沈殿が得られる。この反応を【2】という。

【問13】解答/解説:タップで表示
解答:【1】ヨードホルムCHI3【2】ヨードホルム反応

ヨードホルム反応について詳しくは「【完全版】アルデヒドとケトンの違いからそれぞれの命名法や製法、反応について完全まとめ!!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER