シリーズ累計
1万部突破!

化学のグルメ『高校化学ドリルシリーズ』は、シリーズ累計発行部数1万部を突破しました。*

化学計算や暗記問題を得意にしたい多くの方からご好評いただいております。

*「理論化学ドリル」「無機化学ドリル」「有機化学ドリル」の合計発行部数

新課程
対応しました。

化学のグルメ『理論化学ドリル(化学基礎)』『理論化学ドリル(化学)』は、新課程(2022年以降入学)に対応いたしました。

新課程の大きな改訂点であるエンタルピーの計算問題も豊富に掲載しており、新課程の定期テスト・大学入試対策としてご利用いただくことができます。

コンセプトは
化学版計算ドリル

今回化学のグルメが作成した問題集は、いわゆる「計ド(計算ドリル)」です。

小学生のとき、算数で計算ドリルを使用して足し算や引き算の練習を積んだことを覚えていますか?あのドリルでは、学校の授業で習った計算が身につくよう、数値を少し変えただけの問題や言い回しを変化させた問題が大量に掲載されていました。

しかし、高校で、しかも化学でそのような計算ドリルが配布されることは滅多にありません。市販の問題集でも、満遍なく典型的な問題が掲載されたものはたくさんありますが、同じような問題をひたすら解き、計算に“慣れる”までトレーニングを行うことができるものはそう多くありません(ページ数やスペースに制限があったりするので仕方がない)。

そこで今回化学のグルメでは、高校生・受験生の多くが苦手とする理論化学の計算を「基礎~入試標準レベル」まで解けるようになることを目的とした“高校化学版計算ドリル”として「理論化学ドリル」を作成しました。

問題編と解答・解説編の

2冊構成。

使いやすさを重視し、問題編と解答・解説編の2冊構成になっています。

問題部分と解説部分が繋がって一冊の本になっている問題集がありますが、これは利便性に欠けます。また、2つが切り離せるタイプもありますが、片方を無くしてしまったり、薄い方がカバンの中でくしゃっとなってしまったりといった経験がある方も多いのではないでしょうか。

このような点を踏まえ、理論化学ドリルシリーズでは、問題編と解答・解説編を完全別冊で作成し、2冊1セットの構成にしています。

また、理論化学ドリルシリーズでは、解答・解説編にも問題を掲載しています。

問題編と解答・解説編の

2冊構成。

使いやすさを重視し、問題編と解答・解説編の2冊構成になっています。

問題部分と解説部分が繋がって一冊の本になっている問題集がありますが、これは利便性に欠けます。また、2つが切り離せるタイプもありますが、片方を無くしてしまったり、薄い方がカバンの中でくしゃっとなってしまったりといった経験がある方も多いのではないでしょうか。

このような点を踏まえ、理論化学ドリルシリーズでは、問題編と解答・解説編を完全別冊で作成し、2冊1セットの構成にしています。

これにより、答え合わせをする際

紙の本に、
なりました。

問題集を作成するにあたり、実際の高校生・受験生のリアルな意見を集めました。

高校生から既存の問題集への不満として、以下のようなものが挙げられました。

「分厚くて解く気がしない。」
「基礎的なものからめちゃくちゃ難しいものまで混ざっていて自分に合ったものを見つけるのが難しい。」
「単元としての網羅性はあるが、1つの種類の問題をもっと多く練習したい。」
「計算問題の解説が簡潔すぎて見てもよくわからない。」

今回の問題集ではこれらの問題点を解決し、高校生・受験生が本当に欲しい、使いやすいと思える形を目指しました。

問題編と解答・解説編の

2冊構成。

問題編と解答・解説編の

2冊構成。

紙の本に、
なりました。

化学のグルメオリジナル問題集の中で最も人気の理論化学ドリルシリーズ。
これまでは電子書籍のみの取り扱いでしたが、この度、”紙の本”として販売することになりました。

問題編と解答・解説編の

2冊構成。

使いやすさを重視し、問題編と解答・解説編の2冊構成になっています。

問題部分と解説部分が繋がって一冊の本になっている問題集がありますが、これは利便性に欠けます。また、2つが切り離せるタイプもありますが、片方を無くしてしまったり、薄い方がカバンの中でくしゃっとなってしまったりといった経験がある方も多いのではないでしょうか。

このような点を踏まえ、理論化学ドリルシリーズでは、問題編と解答・解説編を完全別冊で作成し、2冊1セットの構成にしています。

また、理論化学ドリルシリーズでは、解答・解説編にも問題を掲載しています。