【プロ講師解説】このページでは『液状硫黄(単斜硫黄・ゴム状硫黄との関係性など)』について解説しています。解説は高校化学・化学基礎を扱うウェブメディア『化学のグルメ』を通じて6年間大学受験に携わるプロの化学講師が執筆します。


スポンサーリンク

液状硫黄とは

液状硫黄とは結晶の硫黄(単斜硫黄や斜方硫黄)を高温で加熱して融解することによりできる「液体の硫黄」である。

液状硫黄と単斜硫黄・ゴム状硫黄の関係性

液状硫黄を120℃まで加熱し、空気中で放置し冷却
単斜硫黄
液状硫黄を120℃まで加熱し、水中で急速に冷却
ゴム状硫黄
Point!

液状硫黄を120℃まで加熱して空気中で放置し冷却すると単斜硫黄になる。
また、液状硫黄を250℃まで加熱して水中で急速に冷却するとゴム状硫黄になる。

関連:紙の本に、なりました。

化学のグルメオンラインストアで販売していた「無機化学ドリル」が"紙の本"になりました。解答・解説編には大学入試頻出事項が網羅的にまとまっています。詳細は【公式】無機化学ドリルにて!