一問一答

問1

金属元素のイオンを含んだ水溶液を白金線などにつけてそれを炎の中に入れると、金属イオンの種類によって炎の色が変化かする。これを【1】という。
【問1】解答/解説:タップで表示
解答:【1】炎色反応

炎色反応の色について詳しくは「炎色反応の色一覧」を確認しよう。

問2

炎色反応の色は以下の通りである。

リチウム・・・【1】色
ナトリウム・・・【2】色
カリウム・・・【3】色
カルシウム・・・【4】色
銅・・・【5】色
ストロンチウム・・・【6】色
バリウム・・・【7】色

【問2】解答/解説:タップで表示
解答:【1】赤【2】黄【3】紫【4】橙色【5】緑【6】紅【7】緑

炎色反応の色について詳しくは「炎色反応の色一覧」を確認しよう。

問3

次の検出法で検出可能な元素は【1】である。

「水溶液に硝酸銀AgNO3水溶液を加える。」

【問3】解答/解説:タップで表示
解答:塩素

食塩水などの塩素を含む水溶液にAgNO3を加えると、溶液が白く濁る。白濁は水に溶けにくい塩化銀AgClの沈殿が生じたためである。

問4

以下の検出反応のうち、炭素の検出反応は【1】である。

(1)白金に水溶液をつけ、それを炎の中に入れ色の変化を確認する。
(2)水溶液に硝酸銀AgNO3水溶液を加える。
(3)粉末を加熱し、生じた気体を石灰水に加えた。

【問4】解答/解説:タップで表示
解答:【1】(3)

砂糖(ショ糖)と酸化銅(Ⅱ)CuOの混合物(粉末)を加熱すると、気体が発生する。この気体を石灰水に通じると白く濁る。この濁りは、水に溶けにくい炭酸カルシウムCa(OH)2の沈殿が生じたためである。この結果から、砂糖には炭素が含まれていることがわかる。また、加熱後試験管の管口に溜まった液体を硫酸銅(Ⅱ)無水和物CuSO4(白色)につけると青色に変わる。これは水が生じたためであり、ここから砂糖には構成元素として酸素も含むことがわかる。

問5

卵白に水酸化ナトリウムNaOH水溶液を加えて加熱すると、刺激臭を放つ気体が発生する。この気体は赤色リトマス紙を青色に変えるのでアンモニアNH3であることがわかる。この結果から、卵白には構成元素の1つとして【1】を含むと考えられる。
【問5】解答/解説:タップで表示
解答:【1】窒素

有名な窒素の検出法である。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER