スポンサーリンク

一問一答

問1

水酸化物の沈殿のうち、Fe(OH)2とMg(OH)2については【1】が大きいため温度などによりすぐに溶けることが多い。
【問1】解答/解説:タップで表示
問2

Hg+とAg+は水酸化物イオンOHと沈殿(水酸化物)を形成するが、すぐに分解し、結果的に【1】の沈殿になる。
【問2】解答/解説:タップで表示
問3

硫化物イオンの沈殿ができる条件はイオン化傾向によって異なる。イオン化傾向が【1】以下のものとCdは全液性下で沈殿を形成し、イオン化傾向が【2】以下のものは中性・塩基性下の条件で沈殿を形成する。
【問3】解答/解説:タップで表示
解答:【1】Sn【2】Zn

当然だがZn以下という条件にはSn以下という条件も含まれることになる。つまり、イオン化傾向がSn以下のものは全ての液性で、イオン化傾向がZn以下かつSnより上のものは塩基性・中性下で反応するということになる。

水に難溶なイオン結晶について詳しくは「水酸化物イオン・硫化物イオンなどによって作られるイオン結晶の沈殿について、その原理や条件・覚え方などを徹底解説!!」を確認しよう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

MAIN


SNS


OTHER