KIMIKA!|基礎から学ぶ高校化学

演習「気体の製法」

約 5 分
スポンサーリンク

問題

次の操作で起こる反応の反応式を書け。

(1)塩化アンモニウムに水酸化カルシウムを加えて加熱する。
(2)炭酸カルシウムに希塩酸を加える。
(3)銅に希硝酸を加える。
(4)酸化マンガン(ⅠⅤ)に濃塩酸を加えて加熱する。
(5)銅に濃硫酸を加えて加熱する。
(6)硫化鉄に希塩酸を加える。
(7)塩化ナトリウムに濃硫酸を加えて加熱する。
(8)銅に濃硝酸を加えて加熱する。
(9)亜鉛に希硫酸を加える。
(10)塩素酸カリウムと酸化マンガン(ⅠⅤ)を反応させる。

スポンサーリンク

解答

(1) 2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2NH3+2H2O
(2) CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O
(3) 3Cu+8HNO3→3Cu(NO32+2NO+4H2O
(4) MnO2+4HCl→MnCl2+Cl2+2H2O
(5) Cu+2H2SO4→CuSO4+SO2+2H2O
(6) FeS+2HCl→FeCl2+H2S
(7) NaCl+H2SO4→NaHSO4+HCl
(8) Cu+4HNO3→Cu(NO32+2NO2+2H2O
(9) Zn+H2SO4→ZnSO4+H2
(10)2KClO3→2KCl+3O2

スポンサーリンク

解答

(1)

2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2NH3+2H2O

この反応は、弱塩基を含む塩であるNH4Clと強塩基であるCa(OH)2を反応させた「弱塩基遊離反応」だね。「アンモニア(NH3)」の製法として知られている。

(2)

CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O

この反応は、弱酸を含む塩であるCaCO3と強酸であるHClを反応させた「弱酸遊離反応」だね。「二酸化炭素(CO2)」の製法として知られている。

(3)

3Cu+8HNO3→3Cu(NO32+2NO+4H2O

この反応は「酸化還元反応」の一種。「一酸化窒素(NO)」の製法として知られている反応だね。式の作り方は以下の通り。

スポンサーリンク

(4)

MnO2+4HCl→MnCl2+Cl2+2H2O

この反応は「酸化還元反応」の一種。「塩素(Cl2)」の製法として知られている反応だね。式の作り方は以下の通り。

(5)

Cu+2H2SO4→CuSO4+SO2+2H2O

この反応は「酸化還元反応」の一種。

「二酸化硫黄(SO2)」の製法として知られている反応だね。

(6)

FeS+2HCl→FeCl2+H2S

この反応は、弱酸を含む塩であるFeSと強酸であるHClを反応させた「弱酸遊離反応」だね。「硫化水素(H2S)」の製法として知られている。

(7)

NaCl+H2SO4→NaHSO4+HCl

(8)

Cu+4HNO3→Cu(NO32+2NO2+2H2O

この反応は「酸化還元反応」の一種。

「二酸化窒素(NO2)」の製法として知られている反応だね。

(9)

Zn+H2SO4→ZnSO4+H2

この反応は「酸化還元反応」の一種。

「水素(H2)」の製法として知られている反応だね。

(10)

2KClO3→2KCl+3O2

この反応は「生成物を暗記」しておくのがベスト。「酸素(O2)」の製法として知られている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク